【レビュー】Smart KeyboardによりiPad Proはメインマシンにパワーアップ

iPad Pro 10.5インチ用にSmart Keyboardを購入しました。

あまりにも快適過ぎて、ブログ執筆のメイン端末がChromebookからiPad Proに置き換わってしまうのではないかと思っています。

18000円出して純正キーボードを選ぶ意味はあるのか

Smart Keyboardを購入するのにあたり一番気になるのは、純正品を買う必要があるのか、ということです。

私も、わざわざ18000円もするキーボードを買う必要なんてないだろうと思っていました。なので、今まで私は持ち運び用にBluetoothキーボードを使っていました。

使っていたのはMicrosoftのこちら。Universal Mobile KeyboardはiOSやAndroid、Windowsに対応していて、スイッチの切り替えで接続先を簡単に変えられるキーボードです。

↑Smart Keyboard, ↓Microsoft Universal Mobile Keyboard

少々重たいのが難点ですが打鍵感も良く、外出先でテキストを打つのに重宝していました。

でも、最近はほとんど持ち運んでいません。なぜなら荷物が増えるから。いくらコンパクトなキーボードとはいえ、モノが一つ増えることは変わらないので「それならChromebook持っていくか」となっていました。

加えて、キーボードの充電が必要なのも欠点でしたね。スマホのように充電頻度は高くないですが、カフェで作業しようと思って持ち出したものの、バッテリーが切れていたこともありました。

その場でモバイルバッテリーを使って充電することもできますが、そのためにはモバイルバッテリーも持ち歩かないといけないですね。

その点、Smart Keyboardにすると

  1. 荷物が増える
  2. 充電を気にしないといけない

という2つの悩みが解消されます。

カバーと一体なのがラク!

Smart Keyboardの良いところはこれ。iPad Proの蓋も兼ねていて、持ち運び時は本体に装着したままカバーを閉じるだけ。Smart Coverを使っていた時よりは重くなりますが、荷物自体は増えません。

キーボード部分が盛り上がっていますが、カバー兼用。

ちなみに、Smart Keyboardの重さは約220gで、Smart Coverが100gほど。iPad Proと合わせると重さの違いは下の表の通り。差は120gです。

組み合わせ 重さ
iPad Pro + Smart Cover 約580g
iPad Pro + Smart Keyboard 約700g

たった700gでラップトップコンピュータが使えるって凄くないですか?同じくらい軽いノートパソコンを買おうとするとLet’s Note RZシリーズが候補となります。

こちらはビジネスでもバッチリ使えるスペックのWindows PCでありながら、750gという軽さを実現するノートパソコンです。画面のサイズは10.1インチ。

画面サイズと重量が近いというだけで挙げてみた機種で、性能や用途がiPadとは異なります。

しかしLet’s Noteが20万円くらいなのを考えると、iPad Pro+Smart Keyboard=約11万円~というのは決して高くはないのではないでしょうか

充電いらずでいつでも使える

Smart KeyboardはSmart Connectorという独自の端子を採用しています。iPad Proとキーボードの接続はSmart Connectorを介して行われ、給電もこの端子経由です。

3点はマグネットでピッタリ接続されます

なので、充電を気にせずにいつでも使えます。 ガジェット好きな私はUSB充電が必要なものが多く、部屋には10個の機器が繋がるUSB充電器があります。

しかし、普通の人はこんなもの使わないですよね笑 充電が必要なものは少ないにこしたことはないので、充電要らずというのは非常にありがたいです。

打ち心地は良いし、膝上でも安定する

いくら持ち運びに便利だとはいえ、キーボードとしての品質が良くなかったら使いたくないですよね。

使用感については完全に好みの問題ですが、私は悪くないと思います。というか、良いです。少なくともモバイルタイプのBluetoothキーボードと比べると優れていると思います。

私はリアルフォースなどの高級キーボードを所有していません。最も高価なものでLogicoolのK780です。こちらはテンキー付きのBluetoothキーボードで、価格は7000 円ほど。キーピッチや深さなどはK780の方が余裕があり、打ちやすいと思います。

しかし、平日に短時間使うのであればSmart Keyboardでも良いかなあと思う程度には気に入っています。

またノートパソコンを使ってきた人が気になるのは「ラップトップとして、膝上でも安定して使えるか」ということ。この点が心配で、私もメインのノートパソコンを買い換えるとき、Surfaceのようなキックスタンドのタイプを候補に入れませんでした。

で、iPad Proの場合はどうかというと、思っていたよりも安定します。残念ながら、カバーを折り込んでスタンドにする構造上、スタンドの角度を変えることができません。しかし、電車の中などの机がない場所で作業する場合でも、しっかり膝の上に載せて文字を入力することができます

結局のところ、カッコいい。

ダラダラとSmart Keyboardの魅力を語ってみましたが、結局のところ購入の決め手はずばり「カッコいい」からです。

もちろん、今まで挙げてきた性能的な部分も大事な点です。どの外付けキーボードよりもスマートに使えるのはSmart Keyboardの唯一の利点。でも結局のところ、カッコいいんですよ。

Smart Connector採用のキーボードは他社からも発売されています。LogicoolのSlim Comboがそれにあたります。ただ、Slim Comboのデザインは野暮ったいです。私も最初は安価なSlim Comboを買おうかなあと考えていたのですが、デザインが好みでなかったので躊躇していました。

Slim Comboはキーボードにバックライトが付いていたり、スタンドの角度が変えられたりと、機能的にはSmart Keyboardよりも優れています。 しかし「所有したい」と思わせるのは純正品の方で、結果的に満足しています。

まとめ Smart KeyboardのおかげでiPad Proはメインマシンにもなり得る。

Smart Keyboardのレビューをお送りしました。 冒頭にも書いたように、私のブログ執筆のメイン機はChromebookでした。しかしSmart Keyboardを購入してから、iPad Proのみでのブログ更新にトライしていて、今のところうまくいってます。この記事もiPad Proのみで執筆しています。

いつでもどこでも、思い立った瞬間に書き始められるので「もっと早く買っていれば」と思っています。

2018年モデルからiPadもApple Pencilに対応し、iPad Proのハードウエア的な利点としての魅力が相対的に減ってしまいました。でも、Smart Keyboard対応はiPad Proのみの特長

これを活かすためにも、どうせiPad Proを購入したのであれば、キーボードも純正品で揃えてみてはいかがでしょうか

【レビュー】新型iPad Pro 10.5インチ(Wi-Fi + Cellular)はタブレットの最高峰!

2017.07.03
スポンサーリンク