【レビュー】2ヶ月使ってわかったHuawei P10 Liteの良いところ悪いところ。

Huawei P10 Liteに機種変更してから2ヶ月。

購入した直後のレビューは外観をメインにしたものだったので、実際にメイン端末として使えるかどうかをレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

総合的には特に不満はない

結論から書くとアプリの起動に時間がかかることがありますが、普段使っている中で特に不満はありません。

マシンスペック的にも3GBのRAM、32GBのストレージ、そしてSnapdragon600番台相当のCPU(Kirin658)なので、重たいゲームをやらない限りは問題ないです。

ちなみに私の使い方は

  • 通勤時間に電車でブラウザやSNSの閲覧
  • 休日の外出時に地図アプリの使用

くらい。

なので、負荷をかける作業がないためストレスなく使えています。

指紋センサーが便利

今まで使ってきたXperia Z3との比較でいうと、指紋センサーが付きました。で、これが反応が早いのでかなり使えます。

しかもアプリによってはPINコードによるロックの代わりに使えるので便利です。私はEvernoteや楽天カードのアプリで使っています。

カメラは値段相応

カメラの画質は普通ですね。

以前、iPadとミラーレス一眼との比較記事を書きましたけど、印象は変わらず。全体的に白飛びしがちです。夏の空だと特に。でもまあ、普段のスナップ写真程度であればまあまあの仕上がりにはなります。

気になるのはカメラアプリの起動に時間がかかる時があること。頻度としてはそれほど多くはないですが、たまにメモリを開放してあげないと、挙動が悪くなることがあります。

ミラーレス一眼と比較するのは酷ですが、これくらいの差は付いてしまいます。

音質は普通

ウォークマンを紛失してからというもの、電車の中で音楽を聴く時にスマホを使ってました。私が今まで使っていきたXperia Z3はハイレゾ音源にも対応していて、それなりの音質で聴くことができましたが、P10 Liteはそういうわけにもいかず。

音にこだわらなければ気にする必要はないですが、Xperiaと比較して解像度や音場的に1段劣るかなあという印象です。

まとめ 3万円以下ならベストバイ

3万円未満という価格帯だと、自分中でどこかに妥協点を見出さなければならないです。特にdocomoなどの3大キャリアから乗り換えてくる方は

フラグシップ機→ミッドレンジ

への機種変更なので、カメラの画質やアプリの切り替えなどに不満を感じると思います。そもそもおサイフケータイ・防水への非対応というところもありますし。

そういう意味でも「神機」と呼べるものではないですが、安くてそこそこ使えるスマホとしてはかなりオススメですし、正直これ一択と言ってもいいです。

最近こんな記事が掲載されましたが

2万円台の格安スマホ3選 おすすめはファーウェイ|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE

比較するまでもなくHuawei P10 Liteを選ぶべきだと思いますよ。

スポンサーリンク