TIF 2017に行ってきた。

スポンサーリンク

去年初めて行ったTIFに今年も行ってきた。今年も8/4(金),5(土),6(日)の3日間の開催。

スポンサーリンク

去年は全日程行ったけど、今年は2日目のみ。翌日の仕事のことを考えると日曜日の屋外イベントに行く気にはなれないですね…。去年に引き続きNegiccoさんの出演が日曜日のみだったのが非常に残念。もう半年以上、ライブを観ていない。

ちなみに去年の雑感はこんな感じ。

正直、今年はパスしようかなあと思っていたのですが、大学のときの友達と再会する数少ない機会なので、それを目的に行ったって感じ。(その友人はアイドルヲタクというわけではなく、会社の先輩に連れて来られている)

去年との大きな違いは、物販スペースも有料エリアになったことですかね。昨年は無銭エリアだったので、学友を連れて無料握手なぞに興じたんだけど。

さらにこの物販スペース、入るまでに非常に時間がかかった!金属探知機のチェックに加え、手荷物に飲み物があると毒味しなければいけないという。夏の野外イベントだから、ほぼ全員がドリンク片手に参加しているわけですよ。

タイミングにもよりますが、入るのに数十分かかることもあったよう。

私にとってのTIFの立ち位置は

「ステージの評判が良いのは知っているけど普段はあまり観ない」アイドルをつまみ食いする

感じ。実際ZeppとかSmile Gardenなどの大きな会場以外では、各アイドルの持ち時間は15分。

楽曲の好みが割りとはっきりしている私は、全然知らないアイドルを15分だけ観ても、好きになるほど引き込まれる事はほとんどないですね。

で、この短い持ち時間の中でのセットリストはどうあるべきか、なんて議論が良くもちあがりますよね。

一番良く言われるのが「定番曲しかやらないマンネリセトリ」っていうやつ。

個人的にはマンネリセトリ万歳なんですよ。TIFの場合は「○○といったらこの曲」っていうのを聴きたくてそのアイドルのステージに足を運ぶ人が大多数だと思うので。

まあ「○○って今こんな感じなんだ」っていう驚きも良いとは思いますけど。

WHY@DOLLの浦谷さんが「ほわどるの事を気になってくれた方は、また会いに来てくれると嬉しいです。まあ、ほとんどの方とは1年後にお会いすることになるんですけど」的な事を言っていたけど、これが真実。

DDの事を「わかってる」曲で好感度上げておけば「大事なワンマンくらいは行ってやるか」ってなってくれるかもしれないし、ならないかもしれない。

前後の出演者の流れを無視してまで独特の空気感を出す必要なんてないと思ってます。ただでさえ運営のホスピタリティーがクソなので、せめてアイドルさんだけはお客目線でセトリを考えてほしいかな。

とはいえ、なんやかんや楽しいですよ。どちらかというとアイドルよりはヲタクに会いに行くのがメインなんですけど。友人の会社の先輩はBiSHとかアフィリア・サーガとかをメインの現場にしている方で、私とは全然趣味が違うですよ。

それでも「おんなじキモチ」のイントロが流れた瞬間、お互いにニヤッとしたり、「こんなにアイドルの趣味が違うのに『Negiccoは好き』っていう点では共通してるなんて、Negiccoは偉大」って感じで盛り上がれるの最高。

で、普段の現場が被ることはないので「また来年!」って言って別れる時にこの上ないカタルシスを感じる

暑いからしんどいって思いながら、また来年も行くんだろうな。

今年は日差しはそうでもなかったけど暑い事には変わりはないので、暑さ対策は万全に。

以下、観たステージの中で印象に残ったやつのメモ。

ハコイリ♡ムスメ (SKY STAGE)

徹底した夏ソングで固めてきた。あのロケーションで聴く「海へ行こう」は最高。

Task have Fun (SKY STAGE)

3WDの破壊力が凄まじい。2017年はタスクが「見つかった」年なわけだけど、今後が楽しみ。

callme (HEAT GARAGE)

とりあえずstep by stepをやって、残りは新曲。「Way I am」をZeppで聴くと、ぜひともこの規模のワンマンをやってほしいなあと思った。

フィロソフィーのダンス (HEAT GARAGE, SMILE GARDEN)

過去には対バンイベントで一度しか観ていないけど、それは観たら絶対ハマるに決まってるから。で、やっぱり良い。ステージの煽り方もうまいし、ワンマン行きたい。

つりビット (HEAT GARAGE)

AKIBAカルチャーズの定期がなくなってからは現場行ってなかったなあ。新曲良いし、安定感がある。

アイドルネッサンス (HEAT GARAGE)

初のオリジナル曲のみのミニアルバムを発表したけど「交感ノート」はかなり好みの楽曲。ちなみに初見の友人曰く「石野さん、レベル高すぎ」。

寺嶋由芙

平和すぎる。うしろを向いて水を飲むだけで盛り上がるアイドルは他にはいない。

WHY@DOLL (DOLL FACTORY)

マイクスタンドを使用した「Dreamin’ Night」のパフォーマンスも板についてきた感じ。女性客から「CICADA作曲なんでしょ!」という声も聞こえた。

スポンサーリンク