Kyashリアルカードが届いた。2%キャッシュバックがお得なオススメ決済カード!

クレジットカードのポイント制度がどんどん改悪されていく中、2%のキャッシュバックという
破格の還元率でデビューしたKyashのリアルカード。

実店舗でもVISAカードとして使えるので、普段の決済用カードの有力候補です。

使ったらすぐに通知がくるので、クレジットカードの使いすぎが心配な方でも安心して使えますよ。

スポンサーリンク

2%キャッシュバックは破格!

銀行口座の普通預金の金利は高くても0.01%の時代です。メガバンクにいたっては0.001%。

そんな時代に、利用金額の2%がキャッシュバックされるというのがどんなにすごい事なのかは明らか。

クレジットカードのポイント付与率も0.5%が普通、1%なら上出来という感じなので、Kyashを使わない理由が思いつきません。

しかし、さすがに無制限に2%がキャッシュバックされるわけではありません。

Kyashには次のような利用制限があります。

  • 24時間あたりの購入限度額は3万円以下
  • 1回あたりの購入限度額は3万円以下
  • 1ヶ月間での決済利用上限は12万円まで
  • リアルカードの利用上限は100万円
補足
リアルカードの利用上限は、カードを再発行すればリセットされます。

したがって、家族の生活費をKyash一枚でまかなう事はできません。

私は一人暮らしの薄給サラリーマンなので、このくらいの制限でも十分間に合ってますが笑。

またキャッシュバックを受けられる決済方法にも制限があって、それは以下の通りです。

  • モバイルSuicaアプリ(6000円/1回なら対象)
  • nanaco、楽天Edyのような電子マネーのチャージ
  • PayPalの決済
  • ポストペイ型電子マネー
  • 商品券購入
  • 寄付や税金、ふるさと納税の支払い

電子マネーのチャージや金券の購入に使っても、キャッシュバックの対象にはなりません。

使うとすぐに通知がくるため、利用状況を確認しやすい。

Kyashはクレジットカードを登録するとオートチャージになります。

クレジットカードを登録すると「自動チャージ」とカードの下4桁が表示されます

 

しかも、不足分を1円単位でチャージするので、残高を気にせず普通のクレジットカードと同じような使い方が可能です。

ただ、クレジットカードを使うのを躊躇している人の理由の一つに、「使いすぎが心配」というのが挙げられますよね。

その点、Kyashは決済が完了した瞬間にスマホのアプリに反映されます。利用履歴がすぐに確認できますし、月間支出額も表示されます。

決済が完了した瞬間、アプリに利用金額が表示されます。

これを見れば自分がいくら使った一目瞭然ですよね。

しかも、そもそもKyashは1ヶ月間で12万円までしか使えないので、どう頑張っても利用金額が12万円を超える事はありません。

チャージ方法はコンビニ支払いと銀行振込、クレジットカードの3種類

上ではクレジットカードによるオートチャージを紹介しましたが、Kyashのチャージ方法は他に2種類あります。

  • コンビニ支払い
  • 銀行振込

この2つの支払い方法について、簡単に説明します。

コンビニ支払い

コンビニチャージの場合は、チャージしたい金額をアプリで申請すると、番号が与えられます。

これをコンビニの端末(例: ローソンならLoppi)に入力して、レジで支払えばチャージ完了。

支払いに対応しているコンビニは2018年7月現在、以下の5つです。

  • ローソン
  • ミニストップ
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • セイコーマート

セブンイレブンでチャージできないのは残念ですね

支払いは現金のみなので、キャッシュレスという観点からはおすすめしません

銀行振込(Pay-easy)

クレジットカードも現金も使いたくない方は、こちらのチャージ方法がおすすめです。

Pay-easy(ペイジー)とは、コンビニのレジや金融機関の窓口に行かなくても銀行振込ができるサービスの事です。

これにより、銀行のATMやインターネットバンキングサービスを通じて、いつでもどこでも入金できます

銀行振込の場合も同様、アプリでチャージ申請します。

ペイジーならATMやネット上で銀行振込ができます。

すると各種番号が表示されるので、これを入力して振り込みます。

Money ForwardやZaimとも連携可能!

個人的に嬉しいのが家計簿アプリに対応していること。

私はMoney Forwardを課金して使うくらい活用しているのですが、KyashはMoney Forwardと連携することができます。

Money Forwardとの連携はありがたい

ありとあらゆる入出金を自動で計算してくれる家計簿アプリは便利すぎるので、Money Forwardへの対応はありがたいです。

現金支払いだけは手動で入力しなければいけないですが、私の場合は月に2~3回あるかどうかという頻度。

また、Money Forward以外にもZaimにも対応していますよ。

家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の家計簿
家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の家計簿
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ
家計簿Zaim
家計簿Zaim
開発元:Zaim Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

欠点はたまにサインを求められること

これは、Kyashというかクレジットカード共通の欠点なのですが、サインレスに対応していない店があります。

私の生活圏だとユニクロや本屋ですかね。それから、イオン系のスーパーだとサインを求められるようです。

KyashのリアルカードにはICカードが付いてないですし、公式ページにも「原則として本人確認の為にサインが必要です」と記述されています。

サインレス決済がもっと広がってくれれば、使い勝手も良くなりますね。

まとめ 不便な店はあるけどそれでも2%還元は魅力的

以上、Kyashリアルカードの紹介でした。

自動チャージ設定をして使う場合、残高を気にせずクレジットカードと同じように使えます。それでいて、2%のキャッシュバックが受けられるのでメチャクチャお得。

利用履歴もアプリで即座に確認できるので、使いすぎを気にしている方でも安心して使えますよね。

カードの発行は無料なので、とりあえず使ってみてはいかがでしょうか。(*2018年7月現在、申込みが殺到しているため発行が遅れているようです。)

2%キャッシュバックのKyashとLINE Pay、比較するとどちらがオトクか。

2018.07.11
スポンサーリンク