2%キャッシュバックのKyashとLINE Pay、比較するとどちらがオトクか。

スポンサーリンク

私は、現金をできるだけ使わないキャッシュレス生活を送っています。

スマホが普及する前までは、キャッシュレスというとSuicaかクレジットカードくらいしかありませんでした。

しかし、現在ではキャッシュレスにも色々な方法がありますよね。

その中でも、

  • 店舗で利用できるリアルカードを発行して話題になっているKyash
  • 一律2%還元という大盤振る舞いをやめてしまったLINE Pay

この2つを比較し、どちらが使い勝手が良いのかを考えてみたいと思います。

多すぎる「キャッシュレス」

まず最初に書きたいのが、キャッシュレスと一言でいってもあまりにも種類が多すぎるということ。

ものすごくざっくり整理して表にしてみました。

表が見切れている場合はスクロールしてください。

プリペイド ポストペイ
スマホ(NFC) モバイルSuica QuickPay, iD
スマホ(バーコード決済) LINE Pay 楽天Pay
カード方式 デビットカード, LINE Pay, Kyash クレジットカード
電子マネー一体型カード 楽天Edy, Suica iD

大きく分けると、事前にチャージして使う「プリペイド」と、クレジットカード会社やドコモなどの携帯電話会社から、月ごとに一括で請求がくる「ポストペイ」の2種類になります。

それらの中で、非接触型ICであるNFCや、QRコードなどのバーコードを用いた決済方法が存在します。

Suicaを筆頭とする交通系の電子マネーには、古今東西様々な地域で発行されているものがあるのはご存知の方が多いでしょう。

クレジットカードについても、VISAやMaster Card、JCBなどのブランドがあるということも周知の事実。

かなりゴチャゴチャしていますが、今回比較するのは実店舗でも使えるカード式の支払い方式としてのLINE PayとKyashの2つです。

使い勝手が良いのはLINE Pay

結論から書くと、利用金額に制限がほぼないLINE Payの方が使いやすいかなあと思います。

LINE Payで制限されているのは、チャージ可能金額が100万円であることくらいです。

チャージされている金額の範囲内であれば、JCBのクレジットカードとして使えます。

一方でKyashのリアルカードは使い勝手はあまり良くないです。

  • ウォレットでの保有限度額は1000万円以下
  • 24時間あたりの購入限度額は5万円以下
  • 1回あたりの購入限度額は5万円以下
  • 1ヶ月間での決済利用上限は12万円まで
  • リアルカードの利用上限は100万円

以上、5つの利用金額の制限があります。利用上限100万円というのは、カードに与えられた制限です。

カードの有効期限は5年で、その間に使える金額が100万円という事です。(カードを再発行して更新すれば、再び使えるようになります)

かなり厳しい制限ですよね。

特に、1回の決済利用上限が5万円というのがひっかります。金額の大きな買い物に使う事ができないですからね。

高額な買い物は普通のクレジットカードに任せる必要はあります。

しかし、私くらいの社会人なりたての収入であれば、普段使い(主に食料品)の決済カードとして使えます。

Kyashの良いところはVISAブランド、2%還元とオートチャージの便利さ

LINE Payと比べると、利用金額が大きく制限されているKyash。

それでも私がKyashを推したいのは、次の3つの長所があるからです。

  • 2%のキャッシュバックが受けられる
  • オートチャージ機能が便利すぎる
  • VISAブランドである

2%のキャッシュバックが受けられる

なんといってもこれですよ。クレジットカードのポイント付与は改悪の傾向にあるため、2%還元というのはかなり魅力的です。

1ヶ月の決済金額が12万円に制限されているため、最大で2400円分のキャッシュバックを受ける事ができます。

毎月の利用金額がこれよりも多い方にとってはメリットをあまり感じないかもしれません。

しかし、私のような新米社会人ならメインの決済用カードとして使っても上限には達しません。

オートチャージ機能が便利すぎる

Kyashの一番の魅力はキャッシュバックよりもこれかなあと、個人的には思っています。

プリペイド式のKyashですが、クレジットカードを登録して使う場合は必ずオートチャージになります。

このオートチャージの仕組みが、足りない分だけチャージされて請求は一括でカード会社にいくというもの。

つまり、利用上限額の中で使う分にはクレジットカードと同じ感覚で使えます。(なので、最初の表の分類は適切ではないかもしれません。)

一方、LINE Payのオートチャージは、ある金額を下回ったら設定した金額が銀行口座から直接チャージされる仕組み。

そのため、会計時にチャージ金額が支払額を下回っている場合は決済できませんし、そうならないために事前に残高確認をする必要があります。

クレジットカードの代わりとして使いたい方にとっては、Kyashの方が違和感がないですよね。

VISAブランドである

これはあまり影響を受ける方は多くないかもしれません。

日本国内のショッピングではVISAとJCBを意識する事はほとんどありませんからね。クレジットカードが使える店ならどちらも使える場合がほとんどです。

でも、私が通っている病院ではVISAのみ対応していて、JCBは使えません。

私の今までのメインカードは楽天JCBカードだったので、病院に行くときだけ別のカードも持っていっていました。

私が普段行く場所でJCBが使えないのはその病院だけなので、ちょっと不便でした。

しかしKyashのブランドはVISAなので、今後は1枚だけ持参すれば良くなりました。

まとめ クレジットカード感覚で使いたい人にはKyashがおすすめ

以上、LINE PayとKyashを比較してきました。使い勝手は大きく異なるので、おおざっぱに、次のように考えるといいです。

  • 月の利用額が12万円以下の少額利用で、2%のキャッシュバックを受けたい人はKyash
  • 高額の決済に使いたく、また銀行口座から即引き落とされるのが良い方はLINE Pay

クレジットカードや電子マネーのポイント事情は常に変わってしまうので、その時その時の最適解があります。(LINE Payも2018年5月までは全員2%ポイント還元でした)

現状では12万円まで無条件で2%還元になるKyashはかなりお得ので、ぜひ使ってみてください!

おまけ KyashとLINE Payの簡易比較表

Kyash LINE Pay
還元率 2% 利用状況に応じて0~2% (月10万円まで)
利用上限 1回or1日3万円, 1ヶ月12万円 1回100万円
ブランド VISA JCB
チャージ方法   コンビニ, Pay-easy, クレジットカード 銀行振込, コンビニ支払いなど

Kyashリアルカードが届いた。2%キャッシュバックがお得なオススメ決済カード!

2018.07.16

 

スポンサーリンク