「光速パソコン仕事術」であらゆる操作をショートカットしよう!

先日岡山ブログカレッジに行った時に購入した本、「効率化オタクが実践する 光速パソコン仕事術」を紹介します。

いまやパソコンを使わない仕事はないと思いますが、パソコンを使って仕事をするはずが、パソコンを使うのが仕事になってしまっている人にオススメの本ですよ。

正に効率化の鬼

本を読むと「こんな事まで省略できるのか!」と目から鱗がポロポロ落ちてきます。

例えば『「tab」キーの使い方でパソコンスキルがばれる』という項目を読んだとき。「さすがにtabキーで次の項目に移動する事は知ってたよ」と思っていましたが「じゃあ戻る方法は?」というと、考えた事もありませんでした

前の項目を修正したくなった時、あるいは間違えてtabキーを2度押してしまった時。こういった時、今まで私はマウスを使ってカーソルを合わせていました。でも、進むキーがあるのに戻るキーがないわけないじゃないですか。shift + tabを押すだけで前の項目に戻ります。

たったこれだけのために、今まではキーボードから右手を離してマウスを握ってきたわけですよ。多分これで2秒くらいはムダにしてきたと思います。積み重なるとどれだけの時間になるのか、想像に難くないですよね。

こんな具合で「この作業はショートカットできないか」というのを考えるクセをつけましょう、というのがこの本の最大のメッセージです。

とはいえ、本の内容は実用書。著者のヨスさんが20年間かけて蓄積してきたショートカットのノウハウが1冊にまとまっています。

単語登録は今すぐ使いこなすべきツール

メールを作成するにせよ、小説を書くにせよ、文字を打つこと自体には意味がないですよね。ならば文書作成はいかにキータイピングを減らすか、というのが効率を上げるミソになります。

そこで重要なツールが単語登録。私自身、今まで会社の所属やメールアドレス、住所などは単語登録してショートカットしてきました。メールで頻出の定型文も登録していました。

けれど効率化の鬼からすると、こんなものでは不十分なわけです笑

漢字変換時のもたつきを防ぐため

  • 「以上」を「mr (more)」
  • 「異常」を「いj (ijou)」

と別々に登録する事などが紹介されています。

また、よく使う記号の単語登録例も載っています。皆さん、まさか「→」を「やじるし」とか「右」とか入力してから変換してないですよね笑。

さらに単語登録のノウハウは、スマホのフリック入力にも及びます。

先述の「→」についても、スマホでは右にフリックする動作で入力できるように、「ね」で単語登録します。めちゃくちゃ便利です。

 

まとめ (さっそく実践したこと)

というわけで「効率化オタクが実践する 光速パソコン仕事術」を紹介しました。実用的な事がてんこ盛りで、「何から手を付けようか」という状態なのですが

  • デスクトップのアイコンを3つにする
  • 記号を単語登録する

などから実践しています。

デスクトップがスッキリしたり、記号の入力が圧倒的に楽になったりと、パソコン操作がかなり捗っています。

本書に書かれているノウハウは、単語登録や一般的なWindowsの使い方、Chromeブラウザについてがほとんどです。しかし「この操作はショートカットできないか」というマインドは、例えばヨスさんが大嫌いなExcelにも活かせると思います。

パソコンを使うすべての人にオススメの一冊です。

 

スポンサーリンク