先月の収支が赤字になった件。

タイトル通りなのですが、2017年10月は赤字でした。

こんなものを晒して誰が特するんだと思ったんですけど、自分への戒めを込めて。

50000円の赤字です。

なさけないですね…一応、代表的なものを項目ごとにまとめました。

食費 38,000
交通費 17,000
ヲタク活動費 26,000
レンズ・フィルム代 36,000
衣類 20,000
サーバー代(年額) 14,400
書籍 4,000
医療費 7,000
水道・光熱費 5,500
通信費 7,000
家賃 45,000
学費 17,000
その他 35,000
271,900

 

食費

これはもっと削れるはず。内訳をみると「カフェ」項目がやや多め。ヲタク活動の合間にカフェに立ち寄る事が多いのが原因。あとは気晴らしに部屋の外に出る場合に真っ先に候補になるのがカフェ。ちょっと減らしていこうと思います。

交通費

これも減らせます。東京の西の方に住んでいると、都心に出るのに結構お金がかかります。新宿と自宅を往復するのに1,000円ほどかかりますし、東京モーターショーなどでゆりかもめに乗ろうものなら片道で1,000円を超えます。

ヲタク活動を減らせば大幅に減らすことはできるのですが・・・

ヲタク活動費

はい。これが諸悪の根源。これのせいで後述するレンズ代がかかってしまったり、無駄にCD代がかかったり、交通費がかさんだりするわけです。今のところ、スパッと止める気にはなれないのですが、縮小したいなあとは思います。

レンズ・フィルム代

これもヲタク活動のせいで発生したものがほとんど。現時点で所有している2本の単焦点レンズの購入動機はアイドルを撮るため。今回購入したレンズに関しては35mm換算で45mmの画角。十分普段使いもできるので無駄な出費だったかというと、そんなわけではないです。

衣類

引っ越しに伴い、衣類を幾つか処分しています。その結果、秋冬モノを少々仕入れる必要があったんですよね。購入したものはすべてユニクロなので、着古してしまって来年には着られない可能性が高いのですが、仕方がない。

生活水準を落とすならGUなのですが、明らかに質感が良くないので今のところ、あまり手に取る気にはなれないです。

サーバー代

こちらはブログの移転に伴って発生した出費。年額での支払いなので厳密にはこれを12で割った金額が今月分ですが、面倒なのでまとめて計上しています。

書籍

ビジネス本3割、漫画7割という感じですかね。いや、もっと漫画の割合が多いかも。

お金関係のものでいうと、「インベスターZ」と「私の財産告白」を購入しました。後者の教えに従うならば、毎月5万円ほどは貯金しないといけないんですよね…。

医療費

これはほとんどがコンタクトレンズ代。私は左右の視力にかなり差があるので、メガネだと疲れてしまうんですよね。3ヶ月分をまとめて購入していますが、今まで通っていた地元の薬局よりも若干安いので助かっています。

残りは固定費

残りは光熱費や通信費・家賃等、削ることができない出費。 通信費については3大キャリアからLINEモバイルに乗り換えたので以前よりは大幅に削減できています。もう一つ安いプランもありますが、それだとほとんど使えないので現実的ではないです。

家賃は東京郊外で駅から徒歩5分の場所にある1Kの部屋で45,000円。多分安い方だと思います。東証一部上場企業くせに福利厚生がクソな企業に入社したので、家賃補助が出ません。とはいえ、実家から通う場合は往復で4時間弱無駄にすることになるので、それは考えませんでした。

その他

ヲタク活動費に加えて減らさなければいけないのがこれ。こちらはブログでも紹介したGoogle HomeやShureのBluetoothケーブル、そしてMAWAハンガーが含まれています。どちらも長く使うでしょうし、重宝しています。しかし、本当に必要かどうかというのは今後の買い物では熟考していこうと思います。

まとめ

とりあえず11月は、5万円貯金する場合の生活水準はどんな感じになるのかを再確認する月にしようかなあと思います。

でも今月はTask have Funの定期公演があって、整理番号で1番を引き当ててしまったんですよね…。勢いづいて散財しないように気をつけます。

あとはやはり、使いたい分だけ稼ぐのが一番ですよね。飯のタネが給料だけなのはやはり不安なので色々と検討中です。

それから、収支を見直すためには家計簿をつけるのが不可欠ですが、私はMoney Forwardを利用しています。証券口座やクレジットカード、電子マネー、普通預金口座など、ほとんどの支出を自動で管理できるのでメチャクチャ便利です。

家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の家計簿
家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の家計簿
無料
posted with アプリーチ

 

スポンサーリンク